工房木ノ文の人

制作の様子

「長靴をはいた猫」の木彫りの置物を彫ってみました(一応招き猫です…)

招き猫を今年から彫っていますが、長靴を履かせてみました。長靴をはいた招き猫です。
制作の様子

木彫りの招き猫を彫ってみる②(水楢/胡桃/メープルなど)

招き猫シリーズ第2弾は左手を上げているネコさん達です。
制作の様子

木彫りの招き猫を彫ってみる①(チェリーやウォルナットを彫ります)

いつもキノコばかりを彫っていた私が(実は色々と彫ってはいたのですが…)ネコを彫ってみました。招き猫です。
制作の様子

栃、パドウク、チェリーなど色んな木で相変わらずキノコ彫っています。

久しぶりのブログになってしまいましたが、相変わらずキノコ彫っています。
木の話

木の「かたい」は「硬い」と「堅い」どっち?そして「やわらかい」の漢字は?

このブログでも良く使う「かたい」という表現。「この木はかたい」と言うとき私は「堅い」という漢字を使います。
制作の様子

奇妙な杢の木で異様な雰囲気のキノコを彫ってみる(ビーフウッド、白樫、ジリコテ(シャム柿))

今回は彫ったことのない木、ビーフウッドとジリコテを彫ってみます。どちらもちょっと異様な雰囲気の木です。
制作の様子

普通のキノコも彫ってみる③(ウォルナットと山桜)

普通のキノコを彫ってみる第3作目はウォルナットと山桜のきのこの親子です。3組共オイル塗装して完成です。
制作の様子

普通のキノコも彫ってみる②(とんがり帽子の親子)

普通のキノコを彫ってみる第2作目はとんがり帽子の親子です。前回不採用になったミニキノコと昔彫ったとんがり帽子のキノコが親子としてピッタリだったので、一緒に合うように形を整えてみることにしました。
制作の様子

普通のキノコも彫ってみる①(3種類の木で木彫りのきのこ彫ります)

今回は普通のキノコです。いわゆる一般的な形のキノコを彫ります。いつも変な足とかある生き物のようなキノコばかり彫っているので…
制作の様子

花梨(花林)の木で木彫り(まるで紅葉色。そして白い結晶の謎…)

今日は花梨の木です。花梨を木彫りするのは初めてです。ずっと彫ってみたかった木です。深い紅葉色が見事ですよ。