山桜の木彫りの招き猫(ペルシャ猫っぽくちょっとモコモコさせてみた)

山桜の木の木彫りのペルシャ猫(招き猫のペア) 制作の様子

最近ずっと猫さんと向き合っています。変な表情になったりする感じがとても気に入っています。

今日はペルシャ猫っぽい感じで彫ってみた様子です。

ペルシャ猫の木彫りに挑戦

招き猫は右手上げと左手上げがあるので、ペアで彫ることが多いです。その一人がモコモコしているように彫ってみました。

山桜の木彫りの招き猫(右手)

太っているわけではなく、毛がモコモコしているだけです…

山桜の木の木彫りのペルシャ猫(招き猫のペア)

ペルシャ猫を木彫りするって難しいですね…

尻尾はこんな感じです↓

山桜の木の木彫りの招き猫の尻尾

最近は無塗装のままも良いな~とずっと思っています。マットな木の質感が好きです。でも、置物でも何か塗装しないといけないよな、ってことでオイル塗装をしています。

↓無塗装の状態

無塗装の木彫りの招き猫(山桜の木)

↓オイル塗装した状態(えごま油の塗装)

オイル塗装した木彫りの招き猫(山桜の木)

山桜の木はオイル塗装すると色味がグッと濃くなってとても良いのですが、無塗装の素朴さも好きです。

作品はクリーマの通販サイトで出品していますので、よろしければ見に来てください。

工房木ノ文の通販サイト

次回、無塗装に挑戦してみます。(挑戦というか、塗装しないだけですが…)

では、また。

タイトルとURLをコピーしました