再度彫り直し1(ウォルナットの木には堅い部分と柔らかい部分がある?)

笠も柄も節のある木彫りのきのこ 制作の様子
既に完成してオイル塗装したウォルナットの節ありのきのこ

既に完成し、オイル塗装も済ませたこのウォルナットの節有りのきのこ…

これも何度もやり直し修正をしたはずなのですが、やっぱり何かイメージと違うので、柄をもう一度彫り直します。

ウォルナットの柔らかい木材

既に穴も開けて準備出来てます。

ウォルナットの柔らかい木材の粗彫り

大まかに粗彫りして円柱にしていきます。この過程で「あれ?このウォルナットは柔らかい」と感じました。

順目も逆目も関係なくサクサク彫れます(ノミを研いでキレッキレにしているわけでもありません)たまにこういう木に当たります。木目も色味も均一で綺麗です。

理由は分かりませんが、こう言う綺麗な木材は柔らかいと言うよりは彫りやすいのかもしれません。

柔らかいと感じる綺麗なウォルナットをきのこに彫る

ちょっと笠と合わせてみます。(笠はオイル塗装済みです)

長いと感じますが、キノコなのでこれくらいあってもいいのかも…

ウォルナットの木彫りのきのこ整えていく様子

でも、やっぱりちょっとカットしました。柔らかいので(柔らかいと感じるくらい彫りやすい)作業も早いです。

ウォルナットの木彫りのきのこちょっと太い

もう一度、合わせます。

あれ?足付いた?はい今回は足付けてみます。なんだかかわいい感じのきのこになってます…

どんどん彫って形をイメージに近づけていく様子

まだまだ、修正します。どんどん彫ります。

節ありのウォルナットのキノコ一応完成

こんな感じになりました。ん~悪くはないです…でもやっぱり笠と合わない…

柄にも節のようなインパクトが欲しいです。

もう何度も柄を彫り直しているキノコなので、もう納得いくまでやりますよ。

節?穴?ウォルナットの木材

こんなウォルナットがあったので、これで再度彫ってみます。

節なのか穴なのか何かあるようです。そして笠と合うような気がします。

節のあるウォルナットの木材をノコギリでカットする
節のあるウォルナットを切り出した様子

節のような部分を使いたいので、切り出します。

穴を開けた堅いかもしれないウォルナット

穴を開けて、前後を決めます。

思ったよりこの節の部分残らないかも…なんとか残したい

堅いウォルナットの粗彫り

粗彫りしていきますが、これは堅い…(;一_一)

覚悟はしていましたが、こういう節の周りや杢が入り組んでいる場所は堅いです。

そして、順目と逆目も入り組んでいて非常に彫りづらいです。本当にさっきのウォルナットと同じ木なのか?

ウォルナットのきのこの笠と柄をもう一度合わせる

この下の穴の部分を残したい…

上の黒い部分は残せそうだが彫るたびにどんどん小さくなっていく(;一_一)

普通は避けて捨てられるような節や穴やこぶのような物たちを残したいと必死になっています。

笠も柄も節のある木彫りのきのこ

これはすごいインパクトです。

こんなのをイメージしていました。

ここで止める勇気と決断力が欲しいです。

結局彫り進めていきます。

節ありのウォルナットの堅い柄を整えていく様子1
節ありのウォルナットの堅い柄を整えていく様子2
節ありのウォルナットの堅い柄を整えていく様子3

整えて、整えて、足も付けて、結局下の方にあった節のような穴は消えてしまいました。

ただ木目の入り組んだ黒い部分は残せました。

節ありのウォルナットのきのこが節の台を見ている

この子は節のある台に立ちたいようです。一人で立つ予定です。もうやり直し無いといいですが…

ところで、最初に彫ったあの柔らかいウォルナットの柄はどうなったかと言うと…

たくさんの木材のきのこの笠が並んでいる様子

形は悪くなかったので、採用しました。

オイル塗装済みのきのこの笠がたくさんあるのですが、その中で楢(ミズナラ)の笠が合うようです。

少し形を整える楢のきのこ

少し形を整えてあげます。

楢とウォルナットの木彫りのきのこ

堂々としたたたずまい。意外とカッコよくていい感じです。

タイトルとURLをコピーしました