チークで木彫り3日目(キノコの柄と台を彫る)

チークの台が彫りあがった様子 制作の様子

今日はチークの木彫り3日目です。引き続きキノコの柄を彫っていきます。

チークの木彫りのきのこ修正中
チークの木彫りのきのこ隣と合わせてみる

柄は少し修正しましたが、隣のキノコとも合わせてみたいので、いったんここで修正を止めて、もう一つのキノコの柄を彫ることにします。

チークの角材を粗彫り

まずは、いつものようにザクザク彫って大体の形を作っていきます。

チークのキノコの柄をダボを挿して角度を見る

ダボ穴にダボ(木の棒)を挿して柄の角度を確認。

ん~…なんとなく柄は斜めにしたいかも。

キノコの柄に斜めにドリルで手動で穴開け

真っすぐ開いた穴を斜めに変更するのですが、ここは手動で手でドリルの刃を持ってグリグリ回します。ちょとずつですが、これでも穴は開きます。

斜めに穴を開けたキノコ柄

こんな感じになりました。…ちょっと斜め過ぎたかな?…

斜めの角度に合わせて柄をカット

もちろん角度に合わせて柄もカットしないといけません。カットしました。

キノコを合わせて確認してみる様子

とりあえず彫り進めて、再度合わせてみます。

まだダボの角度と柄の角度が合っていないです…(;一_一)

もう一度角度に合わせてカット

もう一度、ダボの角度に合わせてカットします。

再度キノコの笠と柄を合わせてみる

もう一度合わせてみます。

やはりちょっと角度が付き過ぎたようです…そうとう首を傾げる格好になってしまいました…(;一_一)

一応、このまま彫り進めてみましたが、こんな感じになっています↓

隣のキノコを合わせてみるがバランスが合わないようです

大丈夫じゃないので、頑張って修正します。

修正した首を大きく傾げたきのこ
チークのきのこ2体を比べてみる

とりあえずここまで彫りましたが、ん~難しいです。なにせ一回彫って失敗したら木を足せないので…

チークのきのこ2体をチークの木に乗せる

いったん置いておいて、先に台を彫ってしまいます。

もちろん台もチークを使います。ペアで立つのでこれくらいのサイズかな。

カットしたチークの板

カットしました。カットするのも一苦労です。昔中学校で使ったことがある糸ノコが欲しいです…

カットしたチークの台にきのこ2体を乗せてみる

サイズ感はばっちりの様です。

ここから台の4辺を全て彫ります。私は真っすぐには加工しないです。真っすぐに加工するのは機械が得意ですが、私は不得意です。私は彫るのが得意です。

チークの台の木口を彫っている様子
チークの台の木端を彫っている様子
チークの台が彫りあがった様子

木口、木端とホリホリして台が彫り上がりました。

次は台の面を整えます。

チークの台をサンドペーパーで整える様子

サンドペーパーで平面に、そして汚れや傷も取ります。

導管に詰まった木の粉を掃除機で吸い取る

私の場合ですが、導管に詰まった木の粉は取ります。歯ブラシでかき出して掃除機で吸い取ります。

上のチークの台の写真の、右側が導管にまだ木の粉が詰まっている箇所です。黄色っぽい粉が詰まっているのが分かりますか?左側の歯ブラシがある辺りが木の粉を取り除いた導管の箇所です。

導管に詰まった木の粉をかき出した様子

こんな感じです。導管が見えていた方が「木」って感じがします。その変わり汚れやほこりが詰まりやすいです。もちろん上に乗るキノコ達もサンドペーパーで磨かないので導管は埋めていません。

ちなみにオイル塗装しても、オイルは木に浸み込んでいくので、導管は埋まりません。塗料などで厚く着色した場合は導管は埋まります。

導管の細い木、太い木。導管が環状になって並んでいる木(環孔材)、密に散乱している木(散孔材)、色んな木があって面白いですよ。

完成したチークの台に乗っているきのこ二人

とりあえず、先に台は完成です。

後は、ひたすらキノコ達の修正です。

木くずの中で寝るきのこ

今日はここで終了です。木くずの中でおやすみなさい。また明日。

タイトルとURLをコピーしました